Cooking studio at home style https://connect.place/athomestyle/ Cooking studio at home style https://connect.place/athomestyle/ https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1606_081011306604x363x363_m.jpg 7月最初のレッスン(セルフケアメニュー) https://connect.place/athomestyle/KP.html Mon, 15 Jul 2019 16:38:02 +0900 7月に入り、14日にようやく最初のレッスンを行いました。

今回は薬を飲んだり病院に行くほどではないけれど、なんとなく体調がすぐれない時、体に取り入れる食事でケアしようというコンセプト(ちょっと長い)のセルフケアメニューレッスンです。 

6月は『貧血』、今月は『便秘』がテーマです。 

便秘といえば、食物繊維が一番効果的と思いますが、食物繊維の多い野菜も、生で食べようとするとちょっとしんどい。

 ならば加熱調理をして効率よく摂るために・・・と、4つのメニューをレクチャーしました。  

主菜は『牛肉と野菜のしらたきチャプチェ』 韓国メニューなので、肉と野菜と韓国春雨が主だと思いますが、手に入りやすいことを考えてしらたき(糸こんにゃく)を韓国春雨のかわりに使っています。

しらたきを使うのは不溶性食物繊維を摂取するという意味もありますけれど。 

韓国料理らしくコチュジャンを使った合わせ調味料のタレで味つけは仕上げるので、簡単です。 

 繊維質の多い野菜といって一番思い出されるのがゴボウ。

そのゴボウを使ってポタージュを作りました。

ハンディブレンダーを使って形が見えなくなるまですりつぶしていますが、それでも若干のザラザラした舌触りにはなりますが、気にすることなくゴボウを丸々食べたという感じ。 

トッピングにはエキストラバージンオリーブオイルで仕上げました。


スープだから生クリームでおしゃれに・・・というところですが、良質のオイルを摂ることで、お通じをスムーズにさせます。

  副菜は里芋とイカのじか煮ちょうど里芋は新芋の出始める時期。

芋の中でも食物繊維が豊富な上カロリーが低く、ムチン質と言われるぬめりが胃腸の粘膜保護にもなります。

 芋の皮むきも、食物繊維が豊富な皮と可食部の間の部分をなくさないためのやり方をレクチャーしました。

旬の頃の里芋だったらあっという間に剥けるけれど、新物は若いうちにとっているからか、皮を剥いても少しブツっとしたところがあって、それを取り除くのに生徒さんも集中されていました。

  デザートはピーチヨーグルトゼリーゼリーといっても、ゼラチンではなく、寒天を使っています。

食物繊維ももちろんですが、お通じには腸内環境を良くしてこそです。

そのためには乳酸菌や味噌や納豆などの発酵食品やその菌のえさになるようなオリゴ糖なども必要となります。

 ヨーグルトゼリーには菌を腸まで届けてくれる繊維質の多いコンポートにした桃をのせ、生クリームではなくギリシャヨーグルトをトッピングしました。

実は、この日ガスコンロのガスが点火しないというハプニングがありまして、ご飯は炊飯ジャーではなくガスコンロを使って鍋炊きにしているので、実習用の卓上コンロが使えないわけではないけれど、タイムロスになってしまうのでかなり焦りましたが、ガス会社に電話をかけてみてもらって至急復旧してもらい、どうにかピンチは免れました。

 今回もオリジナルレジュメをもとに、栄養的な面から運動・ストレッチ・ツボ・マッサージなどの物理的な面等を盛り込んでお話させて頂きました。

今後は疲労回復・整肌美肌・骨粗しょう症対策・糖質オフなどにもアプローチしていく予定です。

]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1907_151638029049x960x960_b.jpg
復帰最初のレッスン https://connect.place/athomestyle/SP.html Wed, 26 Jun 2019 10:58:02 +0900 3月下旬に急な体調悪化で緊急入院し、その後検査で大病を患っていることが判明。

 本来なら順番待ちで2〜3ヶ月後に手術ということになるはずでしたが、急遽手術室が空いたということで、病名が分かって約2週間で手術を受け平成のうちに無事退院致しました。

 1ヶ月の静養期間と、6月に入って親の方の介護もあり本格的に仕事を始めたのが6月23日となりました。

 『こんな病気にならないように』と、自分なりに身体を支える『食』を生業としていたのに、その自分がこんな大病を患うなんて、もうこの仕事はできないかもしれない・・・等と悩んだこともありましたが、いま一度自分の今後の事も考えながら『食』と向き合うことを選びました。 

そういうこともあり、復帰第一弾は『セルフケアメニューレッスン』という新しいカテゴリーを作ってみました。

薬を飲むほどではないけれど、なんとなく体調がすぐれない・・・そんな時は医食同源という言葉もあるので、補うべき栄養素を簡単に作れるメニューでリカバリーできるというのがこのレッスンの目玉です。  

  今月のテーマは『貧血』体調悪化が起こったきっかけが『貧血』だったので、第一弾のテーマにしました。 

メニューは
鮭と野菜のちゃんちゃん焼き
自家製なめ茸入りゴーヤチャンプル
あさり貝の味噌汁
バナナマフィン
以上の4品です。

 今や女性の10人に1人は貧血を患っていると言われています。
猛暑や厳寒など季節的にピークな時期は特にこたえます。

これから先夏バテくらいに思って過ごしていたら貧血だったということもあるので、旬のものを取り入れて効率よく鉄分を補給できるような調理方法をレクチャーしました。 

鮭と野菜のちゃんちゃん焼きでは良質なタンパク質・赤血球中のヘモグロビン生成のビタミンB12が含まれている鮭とビタミンB12と一緒に血液を作る働きのある葉酸を持つキャベツを使って作るので、貧血解消にはバッチリのメニューです。

貧血で入院時食事は『貧血食』というものを食べていて、このメニューがありました。

 これを調理するにあたって、鉄分補給をよりパワーアップできる調理方法などもレクチャーしました。 

野菜はキャベツのほかにミネラル分のあるモヤシや緑黄色野菜のニラを使っています。

 副菜のゴーヤチャンプルはゴーヤ、木綿とうふ、豚肉、卵のオーソドックスな材料に、自家製のなめ茸を作ってそれを具入り調味料として使いました。 

ゴーヤには鉄分の吸収を促進するビタミンCと葉酸が含まれ、豚もも肉にはタンパク質と筋肉や血液を作るためのビタミンB6が含まれ、大豆には非ヘム鉄や植物性タンパク質や葉酸が、そして卵には非ヘム鉄・タンパク質・ビタミンB12・葉酸が含まれているので、貧血には最強のメニューと言ってもいいと思います。 

自家製のなめ茸は、単独でも食べられますが、ゴーヤチャンプルの材料にふくまれていない栄養素があるし、なんといっても味付けがこれで済ませられるのが楽です。

 あさりの味噌汁はあさりに非ヘム鉄やビタミンB12が含まれていて、出汁に使う昆布にもカルシウム、鉄、ナトリウム、カリウム、ヨウ素(ヨード)いったミネラルが豊富です。

調理方法も砂抜きや調理直前の一手間、そして身が殻から外れない調理の仕方などをレクチャーしました。

 食後にはビタミンB6を含むバナナのマフィンと、好みの飲み物と一緒に頂きながら、このレッスンで作成した貧血に関するレジュメを基に実体験をお話させて頂きました。 

 私の貧血はかなり重症(主治医より『よくこれで生きてましたね』と言われたくらいです)で、当然、食でリカバリーなんてどころの話ではなかった為、投薬と輸血治療でなんとか基準値近くまで上げて手術を受けることができました。 

当然、食だけではリカバリーはできません。
食事に加えて十分な休養・睡眠・適度な運動やストレスを溜めないようにが一番だと思います。

  復帰するということで、友人より、かなりボリュームのあるお花を頂きました。

私も嬉しかったし、生徒さんが何度もいろんな角度で写真を撮るくらい喜んでいらっしゃったのが印象的でした。

 来月のセルフケアメニューレッスンのテーマは『便秘』。

便秘で悩んだこと殆どなかったのに、術後に便秘で苦しい思いを経験し、それを解消できた方法など、実体験を交えてお話をさせて頂こうと思います。

ご興味・ご都合よろしければご参加お待ちしております。  ]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1906_261058026247x960x640_b.jpg
7月レッスンのご案内 https://connect.place/athomestyle/AP.html Fri, 21 Jun 2019 22:05:27 +0900 *セルフケアメニューレッスン*
 6月からの新しいプログラムです。
日頃のちょっとした体調不良を『食』でケアする
メニューレッスン第2回のテーマは『便秘』です。
食物繊維を積極的に摂るのはもちろんのこと、
食材の組み合わせで効率よく摂る方法などを
レクチャーします。

★レッスン日:2019年7月14日(日)10:30〜
★募 集 人 数 :5名(MAX6名)
★レッスン料:4,000円
(サービスチケットをお持ちの方は3,500円)
★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル 

 【レッスンメニュー】
 ・牛肉と野菜のしらたきチャプチェ
 ・ごぼうのポタージュ
 ・里芋とイカの直煮
 ・ピーチヨーグルト羹  

*メインオンリーの時短レッスン*
実際に調理をするのはメインメニューのみ。
その他はデモンストレーションや画像が入った
レシピを基にポイントをレクチャーします。
多忙で通しのレッスンに参加できない・でも
実際に作ることもしたい・出来上がったものを
食べたいというお声に沿って構成しました。

★レッスン日:2019年7月17日(水)
21日(日)10:30〜
★募 集 人 数 :5名(MAX6名)
★レッスン料:4,000円
(サービスチケットをお持ちの方は3,500円)
★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル  

【レッスンメニュー】
・チキンのバスク風煮込み
(トマトの酸味でさっぱり)
・ビシソワーズ
・夏野菜のテリーヌ
・レモンチーズタルト 

 *基本の和食メニューレッスン* 
★レッスン日:2019年7月28日(日)10:30〜
★募 集 人 数 :5名(MAX6名)
★レッスン料:4,000円
(サービスチケットをお持ちの方は3,500円)
★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル  

【レッスンメニュー】
・ざるうどんと二種(レギュラーとごま)の麺つゆ
・翡翠茄子のポン酢ジュレかけ
・野菜のかき揚げ
・水まんじゅう 

 お申し込みは下記のフォームをご利用下さい。  

2017年6月より開始した『Lesson Service ticket』。
通常レッスン料よりお得に受講できるということでコンスタントに続けられる方には大変ご好評いただいております。
このサービスチケット以外に、新規の方は次回ご利用頂ける割引クーポン1枚と、お友達をご紹介頂いた既受講者の方にも割引クーポン1枚(サービスチケットとの併用と、新規紹介者がキャンセルの場合にはご使用不可。)をプレゼント致します。   
]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1906_212205280504x960x960_b.jpg
赤紫蘇のコーディアルはいかが? https://connect.place/athomestyle/cP.html Sun, 09 Jun 2019 14:16:51 +0900 買い物に行くと、初夏の梅仕事の材料や雑貨類が店頭に並んでいますね。

赤紫蘇は梅干しを漬ける人しか買わないものと思われがちですが、入手できるのは今の時期だけなので、材料もレシピも簡単なコーディアル作りをオススメします。

レシピの前にコーディアルとは?
英語で『心からの』という意味がありますが、身体を活気づけて滋養強壮効果がある食品で、古くは嗜好的ではなく医薬的に使われていた濃縮ドリンクです。

材料は、水2リットル・赤紫蘇の葉250〜300g・きび砂糖500g(甘みは好みで構いませんが、長く保存するなら減らさず多少多めにする方がおススメです。)
クエン酸(スーパーの製菓材料コーナーで販売されています)20〜25g

深めの鍋に水を入れて沸騰させ、沸かしている間に摘み取った葉を良く水洗いし、笊に上げて水切りしておきます。お湯が沸いたら赤紫蘇を入れます。

葉を入れて一旦温度が下がりますが、再度沸騰したら中火くらいで10〜15分程煮て火を止め、粗熱が取れたら濾し器(金網ボウルで可)で濾し、葉をゴムべらなどで押し当てて絞り、濾した液を鍋に入れて、きび砂糖を加え、弱火にかけて煮溶かします。
(この段階では液が赤黒く鍋底が見えないから、ヘラで鍋底を回してザラっとした感触が残っていなければOKです。)

きび砂糖が溶け切ったのを確認し、火を止めてクエン酸を加えてよく混ぜると、濁り感がなくなり鮮やかな赤色になります。

冷めたら煮沸消毒した保存瓶に入れ、冷蔵庫で保存をお勧めします。1.5〜2リットル近くできるので、大きな保存容器がなければ300〜500ccの容器に入れて、おすそ分けするのも良いですね。

私は生徒さんのウェルカムドリンク で召し上がっていただこうかなと思っています。

赤紫蘇のコーディアルは、夏バテや便秘改善、シミ予防で美肌効果、更年期や婦人科系疾患の緩和など、女性には特に嬉しい効果が期待されます。

以前はリンゴ酢を加えて作っていましたが、クエン酸の方が疲労回復、長期保存、赤紫蘇の風味をダイレクトに味わえると聞いて以来、クエン酸を加えるようにしました。

勤務中、デスクワークや運転などで同じ姿勢で肩凝りや腰痛が気になったり、集中力が切れかかった時間帯などに一杯いかがですか?

水や炭酸水で割って飲むのが一般的ですが、プレーンヨーグルトにかけたり、カキ氷の蜜やアイスキャンデー、ゼリーにしたりとアレンジも様々です。

旬の食材は、豊富に出回り、新鮮で美味しいだけでなく、人の身体にとって季節毎に必要な薬のようなものだなぁと、思う事があります。

簡単なので、まだ作った事がない方はお試し下さい。
]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1906_091416522372x670x960_b.jpg
6月レッスンのご案内 https://connect.place/athomestyle/YP.html Sun, 02 Jun 2019 14:09:27 +0900  《ご挨拶》
3月下旬から急な体調不良により入院・手術・退院・療養生活を経て
この度再スタートする運びになりました。
心新たにまた頑張りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

《 2019年6月レッスンのご案内 》
*セルフケアメニューレッスン*
 新しいプログラムです。
日頃のちょっとした体調不良を『食』でケアするメニューレッスン。
初回のテーマは『貧血』です。
摂るべき栄養素や食材・控えた方がいい食材等の情報や
効率よく摂るための調理方法等も実体験を元にレクチャーします。 
★レッスン日:2019年6月23日(日)10:30〜
★募 集 人 数 :5名(MAX6名)
★レッスン料:4,000円
(サービスチケットをお持ちの方は3,500円)
★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル  

【レッスンメニュー】
 ・鮭と野菜のちゃんちゃん焼き
 ・自家製なめたけ入りゴーヤチャンプル
 (ゴーヤチャンプルに自家製のなめたけで味つけした
苦味を抑えた一品)
 ・アサリの味噌汁
 (身がないアサリ無しのコツをレクチャーします)
 ・バナナマフィン  

*作ってみたい 世界メニューレッスン*
★レッスン日:2019年6月29日(土)10:30〜
★募 集 人 数 :5名(MAX6名)
★レッスン料:4,000円
(サービスチケットをお持ちの方は3,500円)
★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル 
【レッスンメニュー】
 ・パエリア
 ・蛸のサルピコン
(スペイン風シーフードと野菜のマリネ)
 ・ガスパチョ
 ・クレマカタラーナ 

 お申し込みは下記のフォームをご利用下さい。  

2017年6月より開始した『Lesson Service ticket』。
通常レッスン料よりお得に受講できるということでコンスタントに続けられる方には大変ご好評いただいております。
このサービスチケット以外に、新規の方は次回ご利用頂ける割引クーポン1枚と、お友達をご紹介頂いた既受講者の方にも割引クーポン1枚(サービスチケットとの併用と、新規紹介者がキャンセルの場合にはご使用不可。)をプレゼント致します。  
]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1906_021409274792x960x960_b.jpg
皆さまへお知らせです。 https://connect.place/athomestyle/jP.html Tue, 26 Mar 2019 16:26:46 +0900 アプリご利用の方には、毎度感謝もうしあげます。
私ごとですが、3/22より急な体調不良により救急搬送され、一応山はこえましたが、只今検査入院中であります。
折しも、公式サイトで4月のレッスン告知と募集を更新した後で、今の状況ではとても予定通りにはできないと思われます。
再開のメドが立ちましたら、また改めて告知と募集を始めたいと思います。
皆さまにおかれましては、4月は新たな生活のスタートとなるかと思います。
皆様が健やかな毎日をすごされますよう私病床の身ではありますが、お祈りしております。 ]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1903_261626464206x788x833_b.jpg
3/9・13日和食メニューレッスンレポート https://connect.place/athomestyle/uP.html Fri, 15 Mar 2019 12:16:27 +0900 3/9と3/13は『和食メニューレッスン』と題して、豆腐づくしのメニューのレッスンを行いました。

  メニューは豆腐ハンバーグ・白和え・けんちん汁・鹿の子豆腐 の4品。 

9日のレッスンの生徒さんはハンバーグはしっかり火が通ったものがご所望だったので、じっくり火を通したものでしたが、13日に参加された生徒さんは、柔らかめのふわっとした感じがお好みで、つなぎに使うパン粉を少なめにしました。

 タレは梅肉とポン酢醤油を合わせたさっぱりタイプのタレをかけています。 白和えは、和え衣をフードプロセッサーで作ったので、とても滑らかに仕上がりました。

 具材はほうれん草・人参・こんにゃく。

 出汁と調味料をあわせたつゆで下茹でした具材を煮て下味をつけているので、割としっかりした味がついています。

 けんちん汁は、お寺で生まれた汁物のおかず。

 動物性のタンパク質の代わりに、短冊切りにした油揚げや、味が染み込みやすいように包丁ではなく、指先でボロっともぎ取る感じで崩していれた木綿豆腐が特徴的です。 

出汁も、昆布・鰹節でとった出汁と干し椎茸の戻し汁をあわせているので、3種の旨味がたっぷりの滋味深い汁物になりました。

 具材は他にごぼう・人参・こんにゃく・里芋など。

 ごま油で具材を炒めているので、ごま油の香ばしい香りもプラスされ、肉類が入っていなくても満足できます。

 デザートは鹿の子豆腐という豆腐を滑らかに裏漉し状態にし、あずきの甘納豆をアクセントにしたプリン。

 9日のレッスンでは、時間が押し気味だったので、カラメルの焦げ具合が甘く、早く冷やそうとして極端な冷却方法をとったため型に若干はりつくといった失態がありましたが、プリン自体は特に香料を加えていませんが、滑らか且つ濃厚な口当たりにできていました。

 あいにく写真を撮り損なっていましたが、13日のレッスンでは、9日のカラメルの失敗を踏まえて作ったので、焦げ色は申し分なかったのですが、肝心なあずきの甘納豆を入れ忘れるという・・・またしてもおっちょこちょいをやらかしてしまいました。 

デザートに関しては及第点にはいきませんでしたが、他の料理に関しては生徒さんに満足頂けて良かったです。 今後も豆腐のメニューをバリエーション広げてレクチャーしていこうと思っていますので、どうぞよろしくお願い致しまし。 ]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1903_151216280759x640x960_b.jpg
お雛祭りお祝いメニューレッスンレポート https://connect.place/athomestyle/ZP.html Wed, 27 Feb 2019 23:06:20 +0900  2/24は『ひな祭りお祝いメニューレッスン』というテーマで、4品を作りました。   

まずはちらし寿司。

去年まで毎年同じ内容のちらし寿司をレクチャーしていましたが、今年はちょっと変化させて大人が喜ぶような感じにしました。 

すし飯は料理酒と昆布を加えて炊き、合わせ酢はシンプルに米酢と塩と砂糖。 

トッピングには錦糸卵・茹でたものとフレッシュな三つ葉と霜降りにして醤油洗い(少量の醤油を軽く纏わせる)をしたマグロの赤身とサッと茹でてバーナーで炙った帆立貝柱を。 

すし飯の中の具材にみじん切りした生姜を入れているので、トッピングしたマグロを引き立てています。  

汁物は鯛の潮汁  ひな祭りだから蛤のお吸い物をと毎年思っていますが、タイミング良く入手できないので、確実に入手できる鯛を使って汁物を作りました。 

具材に紅白の梅の形の生麩と、春らしく菜の花、吸い口には柚子の皮を使っています。

 シンプルゆえに、作り方が難しいと言われる方もいらっしゃいますが、下準備からできあがりまで20分そこそこで完成します。

副菜はひともじのぐるぐると海老・炙り貝柱の黄身酢かけ。

ひともじのぐるぐるは熊本の郷土料理のひとつ。

我が家ではひな祭りの節句祝いの食卓に必ず出るメニューです。

我が家ではこのひともじぐるぐるに『アオヤギ』という貝を茹でたものと一緒に酢味噌で食べるのが習慣化されていますが、これも入手できるのはタイミングの問題があったので、レッスンでは塩茹でした海老と帆立貝柱を合わせました。

塩っぱいものが他のメニュー並ぶので、かけるものは酢味噌よりはマイルドな卵黄の黄身を調味料と混ぜ合わせ、湯煎にかけてとろみをつけた黄身酢を合わせました。

生徒さんも、黄身酢は初めて作るので、湯煎にかける前はシャバシャバした液体がどう変化するのか興味深々でした。

イメージとしては和風のノンオイルマヨネーズ?

ひともじのぐるぐるも、茹でた分葱を4〜5cmくらいに折って最後に巻き上げる作業をするので、ひたすら無口に・・・いえ集中して作りました。

ここでは折ることもですが、分葱の茹で方・茹で加減も大事。 

茹で時間が部分部分で微妙に違うので、その方法や引き上げるタイミング等をレクチャーしました。

最後はレンジで作る簡単、道明寺桜餅。

食事の後なので、通常サイズでは食べるかどうか躊躇してしまいますが、ピンポン玉に近い大きさなので、『別腹』でペロリ食べることは可能です。

東と西で桜餅が長命寺と道明寺で分かれますが、当然西の道明寺粉を使います。


最近はこの道明寺粉(粉といっても粉末ではなくもち米を割ったもの)に最初からピンクに着色されたものが販売されるようになったので、作る機会も増えそうです。

『桜餅は買って食べるもの』と、思っていらっしゃった生徒さんも、自家製で食べられるんだ・・・と、喜んでいらっしゃいました。

やはりその大きさも自家製なら思いのままにつくれるってういうところにもおおいに喜んで頂けたポイントでした。 

 オプションとして、ツワブキと油揚げの炊いたんをつけて春を食で感じて頂きました。 

 つい先日年が明けたと思ったら、もう3月が近づいています。  今年はいつもの年より寒さを異常に感じる(東北や北海道の方はホワイトアウトするほど厳しかったようですが・・・)ことが少なかったように感じます。

そうは言っても、まわりは花粉症や急性胃腸炎などで体調崩される方が多いので、まだまだ体調管理に怠りないよう気を付けなければいけないようですね。

来月のレッスンも楽しんで頂けるよう、私も元気で生徒さんをお迎えできるように体調管理をしっかりせねば・・・と、考えております。 ]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1902_272306206277x960x640_b.jpg
2・3月レッスのご案内 https://connect.place/athomestyle/MP.html Mon, 18 Feb 2019 15:20:09 +0900 ●ひな祭りお祝いメニューレッスン
★レッスン日:2019年2月24日(日)10:30〜
★募 集 人 数 :4名(MAX6名)
★レッスン料:4,000円
(サービスチケットをお持ちの方は3,500円)
★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル
【レッスンメニュー】
 ・ちらし寿司
 ・鯛の潮汁
 ・一文字のぐるぐる、海老とホタテの黄身酢添え
 ・道明寺桜餅 

●和食メニューレッスン
★レッスン日:2019年3月9日(土)10:30〜
2019年3月16日(水) 10:30〜
★募 集 人 数 :各日4名(MAX6名)
★レッスン料:4,000円
(サービスチケットをお持ちの方は3,500円)
★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオ
【レッスンメニュー】
 ・豆腐ハンバーグ
 ・けんちん汁
 ・具沢山の白和え
 ・かのこ豆腐(豆腐プリン)

●Panasonic Bistro 体験教室(和食編)
★レッスン日:2019年2月17日(日)10:30〜
★募 集 人 数 :4名
★レッスン料:3,500円
★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル
【レッスンメニュー】
 ☆山菜おこわ&ちゃんちゃん焼き
(合わせ技機能を使って2品同時に調理します)
 ☆根菜の彩りきんぴら
 ☆さつま芋入り蒸しパン

●Panasonic Bistro 体験教室(中華編)
★レッスン日:2019年2月24日(日)10:30〜
★募 集 人 数 :4名
★レッスン料:4,000円
(サービスチケットをお持ちの方は3,500円)
★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル  
【レッスンメニュー】
 ・五香粉香る鳥手羽中の唐揚げ&八宝菜風野菜の炒め煮
 ・鮭チャーハン&わかめと野菜のスープ
 ・マーラーカオ(中華風蒸しパン)

お申し込みは下記のフォームをご利用下さい。

2017年6月より開始した『Lesson Service ticket』。
通常レッスン料よりお得に受講できるということでコンスタントに続けられる方には大変ご好評いただいております。
このサービスチケット以外に、新規の方は次回ご利用頂ける割引クーポン1枚と、お友達をご紹介頂いた既受講者の方にも割引クーポン1枚(サービスチケットとの併用と、新規紹介者がキャンセルの場合にはご使用不可。)をプレゼント致します。 ]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1902_181520095091x800x800_b.jpg
2/11Break Time レッスンレポート https://connect.place/athomestyle/QP.html Thu, 14 Feb 2019 09:46:16 +0900 今月のレッスンはこれが初回になります。

 先月もこのレッスンを行いましたが、反響がよくリクエストを頂きましたので、今月もBreak Timeでレッスンさせて頂きました。 

コンビニや町の小さな洋菓子屋さんならよく目にするレモンケーキ。

でも、これを作ってみたいという気にはなかなかなれませんでしたが、マドレーヌやフィナンシェのような焼き菓子よりはちょっとボリュームがあって外掛けされたアイシングがサクッとしてケーキはフワっとして二つの食感を楽しめることに最近ようやく『あれ、これは意外と美味しい・・・』と、思ったり懐かしかったりで注目し始めていました。

 そんな中、生徒さんから『レモンを使ったお菓子を作って食べてみたい』というリクエストもあり、それにチャレンジ。 

スポンジ生地は卵を湯煎しながら共立て式で作るジェノワーズ生地。 

粉類は、薄力粉だけではなくコーンスターチも加えてよりきめ細かな生地です。

 今の時期は新鮮な国産レモンが出回っているので、ゼスターを使って果皮を削り、果汁も使っているので、作る最中はずっとレモンの香りに囲まれていました。 

型はブリキにシリコンコーティングされたものを使いましたが、より型離れするように薄くバターを塗り、軽く小麦粉を叩いておきました。

焼き上がって型を伏せただけで簡単に取れ、均一な焼き色に大満足です。 

 レモンのアイシングを作り、全体掛けではなく、ふんわり上にかかっている程度にアイシングをつけ、ピスタチオダイスを更にトッピングして彩を添えました。

 試食タイムはガテマラのコーヒー豆を手動ミルで挽き、ドリップ式のコーヒーを淹れて頂きました。

 飲み物は他に、ジンジャー・クローブ・月桂樹・カルダモン・アニス・シナモンなどのスパイスが香るカシミールチャイを淹れて頂きました。 

手作りのお菓子と好みのお茶を楽しみながら、おしゃべりを楽しむ・・・。 

いつもとは違った、午後からのゆる〜いレッスンをこれからも楽しんで頂けたらと思っています。

 今回も、作ったケーキはお一人につき6個お持ち帰り頂きました。 今後、Break Timeレッスンで作るお菓子は、シフォンケーキやダッグワーズ等の紅茶やコーヒーにマッチしたものや、煎茶や抹茶に合う和菓子、中国緑茶に合う点心なども考えております。

 最後になりますが、本来2/9に行う予定でした『和食メニューレッスン』は、インフルエンザの影響で、半数の方がキャンセルということで、中止にさせて頂きました。

 お申し込み頂いた方、またお問い合わせくださった方には急遽中止となり申し訳ありません。

 尚、ご要望が多かったので、同じ内容のレッスンを3月に行います。

 他、24日に予定しておりますひな祭りお祝いメニューのレッスンはまだご参加受け付け中ですので、ご都合よろしければ是非ご参加お待ちしております。 
]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1902_140946167819x960x640_b.jpg
1/27チョコレートスイーツレッスン https://connect.place/athomestyle/eP.html Thu, 31 Jan 2019 22:02:43 +0900 1/27は来月のバレンタインデーに向けて手作りチョコレートスイーツレッスンを行いました。

  今回のチョコレートスイーツレッスンは、3種類。 

まず一つ目は、レア・ガトーショコラ。

 今までレッスンで作ってきたガトーショコラは粉系のものがちょっと入って、濃厚且つ食感がしっかりしたものでしたが、最近ちょっと流行ってる生チョコっぽい食感の柔らかいガトーショコラを作りました。 

チョコレートスイーツって、溶かして固めるだけでしょって思われがちですが、結構温度や完成した後の艶感をよくするためのテンパリングなどがちょっと面倒な作業があったりするものですが、やはり簡単に作りたいという気持ちはあるので、手軽に作れる方法などをレクチャーしました。 

ガトーショコラは溶かしたチョコレートが固まったりしないように、温度を一定に保ちながら、合わせる他の材料もチョコレートの温度に合わせて湯煎処理したりとちょっとした気遣いは必要ですが、焼成も20分と短く簡単にできました。

 レッスン後、頂いた時にはピラミッド型の結晶が美しいイギリスのマルドンのシーソルトをトッピングし、甘塩っぱさを楽しんで頂きました。

  2つ目はマンディアン。

 あまり聞きなれませんが、最近いろんなショコラティエでもこれを商品化しているところが増えてきました。 

チョコレートを溶かし、テンパリングし、クッキングシートを敷いた天板の上に直径5cmくらいにチョコレートを絞り出し、ナッツやドライフルーツをトッピングしていきます。

 ・・・と、ここまで簡単そうに思われますが、テンパリングの作業って、温度を上げ下げしてチョコレートの結晶を滑らかにし再結晶化させたりと、ある程度神経使う作業工程になりますが、あ・く・ま・で・か・ん・た・ん!が今回のレッスンのポリシーなので、チョコレートの総量に対して1パーセントのカカオバターパウダーを加えて混ぜ合わせるだけでまるでテンパリングしたようなチョコレートができて、ファットブルームやシュガーブルームといった油脂分や糖分の結晶が表に現れなくなります。

 生徒さんみなさんで、『あ、これにはアーモンドない』『こっちはピスタチオがないかなぁ・・・』などと、協力しあってトッピング作業をされていました。

 3つ目はボンボンショコラ。 

本格的なボンボンショコラはなかなか難しいので、これもまたお家で簡単にできるボンボンショコラを作りました。

 ここで使ったチョコレートは、第4のチョコレートと呼ばれ、昨年ベルギーのCALLEBAUT社が発表したルビーカカオから作られたルビーチョコレートを使いました。

  去年の夏、東京でルビーカカオの講習会に参加し、専属のショコラティエの方のデモンストレーションでその作品を目の前にし、これは絶対使ってみたいとその頃から思っていました。

  その中で披露されたボンボンショコラをヒントに、シリコン製のモールドを使ってアレンジしました。 

中のガナッシュは、フランボワーズをピューレ状にし、転化糖や生クリーム、そして溶かしたルビーチョコレートと合わせ、フランボワーズガナッシュとして使いました。

 着色や香料を全く使わず、天然のルビーカカオから作られたこのチョコレートは、風味が見た目と同じく様々なベリーの風味を持ち合わせていて、講習会でも教わりましたが、ナッツやチーズ、飲み物もお茶やコーヒーはもちろん、ワインにもマッチして他のチョコレートと比べてその汎用性はかなり期待できます。 

レッスン後はお好みのお茶と一緒に、作ったチョコレートスイーツを召し上がって頂き、お家の方やお友達と楽しんで頂けるように、簡単ですがパッケージングしてお持ち帰り頂きました。

 近年、義理チョコよりも、自分へのご褒美やお友達とシェアして食べることが多くなったバレンタインデーのチョコ。

手作りする方も少なくなっているかもしれませんがほんのちょとした一手間でお店のようなチョコスイーツができるので、是非ご家庭でも楽しんで頂きたいと思います。  
]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1901_312202438221x640x960_b.jpg
1/20あったか欧風メニューレッスンレポート https://connect.place/athomestyle/JP.html Thu, 31 Jan 2019 21:56:21 +0900  1/20はメインからデザートまで寒い冬に食べたくなるあったかグツグツメニューのレッスンを行いました。 

メインはシーフードグラタン。

 グラタンのポイントはなんといってもダマにならない滑らかなベシャメルソース作り。

 王道の作り方をレクチャーしようと思っていましたが、時間はかかるしダマになることが気になるし、小麦アレルギーの方でも安心して食べられるようにしたいという思いがあって、小麦粉を米粉に変えて作りました。

 微細粒の米粉はあらかじめ牛乳と混ぜ合わせ具材と一緒に加熱し混ぜ合わせるだけで滑らかなベシャメルソースになります。 エビ・イカ・蟹のほぐし身・ムール貝の魚介から出た海の幸の旨味たっぷりのグラタンは生徒さんにもワンポットで作れるのでとてもご好評頂きました。 

サイドメニューは玉ねぎをたっぷり使ったオニオングラタンスープ。

 甘みとシャキシャキとした歯触りを少し残すための玉ねぎの切り方や、飴色玉ねぎが早くできるような一手間などをレクチャーし、薄くスライスしたバゲットやとろけるチーズをたっぷりトッピングし、オーブンで仕上げました。

 もうひとつのサイドメニューはチーズフォンデュ。 

エメンタールチーズやグリエールチーズをアルコールを飛ばした白ワインと一緒に鍋でグツグツ煮込み、風味づけでキルシュをチョイ足しした本格的なフォンデュを作り、ジャガイモ・人参・ブロッコリー・スナップエンドウ・ヤングコーンをせいろで蒸し、他にも角切りバゲットも添えてチーズを絡めながら頂きました。

 デザートはいちごのクラフティ。 

これは母が子供の頃よく作ってもらった懐かしのアツアツおやつ。 

カスタードソースとフレッシュないちごをオーブンで蒸し焼きにしたいちごの甘酸っぱさとふんわり滑らかなフィリングが特徴です。 

この日は外は曇り空で、陽がさすこともあまりなかったので寒かったけれど、鍋でグツグツ、オーブンでこんがりと、ずっと暖かかったというのが印象に残ってます。 

体の中を暖かくできるのは、やっぱり温かい食べ物だと思います。 風邪をひきやすいこの季節。あつあつメニューは最高です。 
]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1901_312156218899x960x640_b.jpg
1/12カレーメニューレッスンレポート https://connect.place/athomestyle/7P.html Thu, 31 Jan 2019 21:52:55 +0900 1月も終わりというのに、今頃12日のレッスンレポートになりました^^;;

 画像のファイル整理をしていて、レポートをアップする前に整理をしたので、どこのファイルに入れてしまったか不明になっていろいろと探していたら・・・なんやかんやで今頃になってしまいました(>_<) 

 年末年始のご馳走三昧から、日常の食事に戻る時、やっぱり不動の人気“カレー”をレッスンメニューにしました。

 今回は、作って簡単人気のバターチキンカレー。

 市販のルーや小麦粉・水を使わずに、カレースパイスやガラムマサラ・ヨーグルト・カットトマト・飴色玉ねぎ・バター・生クリームそして骨つきチキンを使ってスパイシーな香りとマイルドな辛味が調和したカレーは、毎回のことですが生徒さんにはご好評頂いています。

 サイドメニューは“ひよこ豆のデリ風マリネ”と“簡単ピクルス”。 

どちらもビネガーを使ったサイドメニューですが、濃厚なカレーにはサッパリとした風味で、カレーに野菜をあまり使っていない分、食物繊維の多い豆類と歯ごたえのある野菜を合わせてバランスを考えました。 

デザートはマサラチャイプリン。 

シナモン・ジンジャー・クローブ・カルダモンとアッサムティー・ジャージー牛乳で淹れたマサラチャイを使ったプリンは、これもマイルドでありながらスパイシーな風味が特徴。 

『おせちもいいけどカレーもね』と、いう懐かしいCMのフレーズで生徒さんの中で知っている世代・知らない世代で話が盛り上がりました。

 カレーのレッスンはこれからも続けていきますが、シーフードカレーや野菜カレーなどバリエーションを増やしていきたいなと思います。  ]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1901_312152552785x720x960_b.jpg
2月のレッスンのご案内 https://connect.place/athomestyle/iP.html Tue, 22 Jan 2019 09:20:00 +0900 【和食メニューレッスン】
 ★レッスン日:2月9日(土)13:00〜
 ★募 集 人 数 :4名(MAX6名)
 ★レッスン料:4,000円
  (サービスチケットをお持ちの方は3,500円)
 ★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル

《レッスンメニュー》
 ・豆腐ハンバーグ
 ・けんちん汁
 ・具沢山白和え
 ・かのこ豆腐(豆腐プリン)


【Break Time レッスン】
 ★レッスン日:2月11日(月)13:00〜(残2)
        2月16日(土)13:00〜
 ★募 集 人 数 :4名
 ★レッスン料:3,000円
 ★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル

《レッスンメニュー》
 *2月11日(土)
 ・レモンケーキ
  (瀬戸田レモンを使った爽やかなケーキ)
 ・飲み物
  レディメイドで淹れたストレートティー
  スパイスを効かせたマサラチャイ
  挽きたてのコーヒー豆を使って淹れた
  ハンドドリップコーヒー    等

 *2/16(土)
 ・タルト・オ・フレーズ
  (苺を使ったタルト)  
 ・飲み物
  レディメイドで淹れたストレートティー
  ホットチョコレート
  挽きたてのコーヒー豆を使って淹れた
  ハンドドリップコーヒー    等


【ひな祭りお祝いメニューレッスン】
 ★レッスン日:2019年2月24日(日)10:30〜
 ★募 集 人 数 :4名(MAX6名)
 ★レッスン料:4,000円
 (サービスチケットをお持ちの方は3,500円)
 ★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル

《レッスンメニュー》
 ・ちらし寿司
 ・鯛の潮汁
 ・一文字のぐるぐる、海老とホタテの酢味噌添え
 ・道明寺桜餅

お申し込みは下記のフォームをご利用下さい。

2017年6月より開始した『Lesson Service ticket』。通常レッスン料よりお得に受講できるということでコンスタントに続けられる方には大変ご好評いただいております。このサービスチケット以外に、新規の方は次回ご利用頂ける割引クーポン1枚と、お友達をご紹介頂いた既受講者の方にも割引クーポン1枚(サービスチケットとの併用と、新規紹介者がキャンセルの場合にはご使用不可。)をプレゼント致します。
]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1901_220920001524x960x960_b.jpg
2019年・平成最後の初仕事 https://connect.place/athomestyle/oP.html Sun, 06 Jan 2019 22:11:00 +0900 新年(もう6日経ちましたが・・・)明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、平成最後の初仕事で今年最初のレッスンは、午後から始まるゆる〜いBreak Timeレッスン。

手作りのお菓子と、コーヒー・紅茶・ハーブティー等好みの飲み物を楽しむレッスンでスタートしましたが、本日の手作りお菓子は『レモンケーキ』。

昭和生まれには懐かしく、平成生まれさんにはちょっと新しいケーキとしてジワジワブームになってる焼き菓子です。

楕円形で両端がちょっと出っ張ったユニークなフォルム。

これに粉砂糖にレモン果汁を加えて作ったレモンアイシングをかけ、ピスタチオダイスをトッピングしています。

市販品だと、レモン風味のパータグラッセやコーティーングチョコをかけてあったりしますが、手作りなのでコーティングも手作りアイシングにしました。

レモンアイシングは、スプーンですくってケーキにかけても良し、逆さにして直付けしてもよし・・・。

レディメイドで淹れた紅茶と一緒に頂きました。

参加された生徒さんは、あまりコーヒーは飲まれない方でしたが、それならなおのこと珍しいかもと思い、コーヒー豆を手回しのミルで挽き、サイフォンを使ってコーヒーを淹れてみました。

アルコールランプを使ってのサイフォン。

理科の実験以来って感じですね^^ 挽きたての豆をサイフォンで淹れると、香りがフワ〜っと部屋に広がり、コーヒーの香りに包まれている感じになります。

香りと、風味を味わって頂き、お好みでミルクを加えて味の変化を楽しんで頂きました。

作ったレモンケーキは専用の袋でラッピングし、お気に入りのバスケットデザインのジップパックに入れてお持ち帰り頂きました。

酸味があって爽やかな甘みのケーキだから、夏場にほしいと思いますが、フレッシュなレモンの皮と果汁を使うので、国産レモンが手に入りやすい今の時期に作るのが一番だと思います。

生徒さんからのリクエストだったんですが、残念ながらその生徒さんは今回ご都合が合わずご参加頂けなかったし、他にもリクエストがありましたので、レモンケーキのレッスンはまた近いうちやるつもりでいます。

今年はこんな感じでスロースタートしましたが、今年も『食』を通して生活を楽しんで頂けるよういろんなコンテンツ作りにチャレンジしていきたいと思います。
]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1901_062211003651x960x640_b.jpg
2019年1月レッスンのご案内 https://connect.place/athomestyle/NP.html Sat, 22 Dec 2018 19:23:28 +0900 【A】Break Time レッスン
【レッスンメニュー】
☆レモンケーキ
(作ったケーキはお持ち帰り頂きます)
☆飲み物
 レディメイドで淹れた紅茶
 ブルーピーハーブティー(レモンシロップを添えて)
 豆をミルで挽き、サイフォンで淹れたコーヒー 等
★レッスン日:2019年1月6日(日)13:30〜
★募 集 人 数 :4名
★レッスン料:3,000円
★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル

【B】カレーメニューレッスン
【レッスンメニュー】
☆バターチキンカレー
☆簡単ピクルス
(作ったピクルスはお持ち帰り頂きます) 
☆ひよこ豆のマリネ
☆マサラチャイプリン
★レッスン日:2019年1月12日(土)10:30〜
★募 集 人 数 :4名
★レッスン料:4,000円
(サービスチケットをお持ちの方は3,500円)
★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル

【C】グリルメニューレッスン
(魚焼きグリルを使ったメニュー)
【レッスンメニュー】
☆ノンフライのケイジャンフライドチキン
☆3種のキノコのマリネ
☆クイックキッシュ
☆ベイクドチーズケーキ
★レッスン日:2019年1月16日(水)10:30〜
★募 集 人 数 :4名
★レッスン料:4,000円
(サービスチケットをお持ちの方は3,500円)
★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル

【D】欧風メニューレッスン
【レッスンメニュー】
☆シーフードグラタン
☆オニオングラタンスープ
☆チーズフォンデュ
☆いちごのクラフティ
★レッスン日:2019年1月20日(日)10:30〜
★募 集 人 数 :4名(MAX6名)
★レッスン料:4,000円
(サービスチケットをお持ちの方は3,500円)
★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル

【D】チョコレートスイーツレッスン
【レッスンメニュー】
☆ガトーショコラ(しっとりした半生タイプ)
☆マンディアン
(テンパリングしたチョコにナッツや
ドライフルーツをトッピング)
☆ルビーチョコレートの簡単ボンボンショコラ
 (第4のチョコレートと称されるルビーカカオで
作るチョコレート)
★レッスン日:2019年1月27日(日)13:00〜
★募 集 人 数 :4名(MAX6名)
★レッスン料:4,000円
(サービスチケットをお持ちの方は3,500円)
★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル

お申し込みは下記のフォームをご利用下さい。

2017年6月より開始した『Lesson Service ticket』。
通常レッスン料よりお得に受講できるということでコンスタントに続けられる方には大変ご好評いただいております。
このサービスチケット以外に、新規の方は次回ご利用頂ける割引クーポン1枚と、お友達をご紹介頂いた既受講者の方にも割引クーポン1枚(サービスチケットとの併用と、新規紹介者がキャンセルの場合にはご使用不可。)をプレゼント致します。 ]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1812_221923286621x254x286_b.jpg
12月レッスン・クリスマス&おせち https://connect.place/athomestyle/WP.html Sat, 22 Dec 2018 16:34:27 +0900 12月はなかなか慌ただしく、そんな中でもレッスンにご参加頂き感謝します。

 さて、今年年末のレッスンはクリスマスのメニューと31日にでもできるBASICおせちメニューのレッスンでした。

 まずはクリスマスメニューのレッスン。  

メインはフライパンや鍋で作るローストビーフ。

 脂が少ない赤身の牛もも肉を、熱伝導率のよい鋳物鍋でジックリ6面を満遍なく焼き色をつけながら火を入れ、中まで熱が入るようにアルミで包んで余熱を入れて作りました。 

鍋に張り付いた肉の旨味を赤ワインをはじめとする調味料を使って刮ぎ落としながらグレービーソースを作りました。 

添え野菜には、クレソンが入手できなかったので、マスタードスプラウトを。

そのほかに白タマネギよりツンとした辛味が少ない紫タマネギのスライスと、さっぱりした風味になるようレモンを添えました。 

サイドメニューのサラダはクリスマスリース風にサークル状に盛り付け、きゅうりをピーラーでスライスし、カールさせたものや、ベビリーフの他に歯ごたえや風味、色味に変化をと思い水前寺菜という肥後野菜のひとつを加え、ブラックオリーブやうずらの卵、ミニトマト、紫タマネギのリングスライス、星の形に型抜きしたスライスチーズ等を使いました。

 もちろんドレッシングはオリジナル。 

雪をイメージした感じでサラダを彩りたかったので、マヨネーズベースに摩り下ろしたパルメザンチーズ、ミルク、その他調味料を加えたドレッシングを小さなラメキンに入れてセンターに添えました。 

スープはしめじ・エリンギ・マッシュルームを使ったきのこのクリームスープをパイ皮を被せてつぼ焼き風にしてみました。 

一部、パイがスープの中に落ち込んでしまうというハプニングもありましたが、スープは一応きのこの風味たっぷりの美味しいスープでした。 

クリスマスといえばやっぱりケーキはお約束。 今年はモカロールのブッシュドノエルを作りました。

いつも使っているロールケーキの天板が見つからず、新しいものを購入してそれで作りましたが、以前のものとサイズがちょっと小さかったみたいで、かなり厚みのあるロールスポンジができて、巻き込むのに四苦八苦しました^^;; 

まあいろんなハプニングで作りましたが概ね生徒さんには喜んで頂けたようで一安心でした。

 さて、次はBASICおせちメニューいかに時短で7品作るかが今回のミッション。

 作る順番、何をどう使って調理し、極力洗い物を少なくして作るかを頭の中で趣味レーションしながらで大体2時間で完成させました。

 紅白なますは水分が垂れてしまうと皿をビチャビチャにしてしまうので、柚子の中身をくりぬいて、その中に盛り付け、柚子釜入り紅白なますを作りました。

 中身は絞ってポン酢醤油や蜂蜜と混ぜてお湯で割って飲んだりと使えますし、器にした柚子皮も、味噌をつけながら食べるのも結構乙ですし、捨てるところがありません。

 伊達巻きは卵とはんぺんに調味料をフードプロセッサーに入れて混ぜ合わせ、クッキングシートを敷き詰めた焼型に流しこみオーブンで加熱します。 

元々フライパンで作る予定ではありましたが、いかんせん、フライパンで焼くとどうしても他を調理するとうっかり焼き時間を忘れてしまうので(教室のガス代はタイマーがセットできて時間がくると火が自動で消えますが、一般的にはそういうものはついてないと思い)今回はオーブンに頼りました。 

お肉料理としては松風焼きとかのし鶏と呼ばれる鶏ひき肉料理を。

これも材料を全てフードプロセッサーにかけて混ぜ合わせ、クッキングシート敷き詰めた焼型に流しこみ、オーブンで焼くだけ。

 そして焼成している間にまた他のメニューの調理に時間をあてます。

 鰤の照り焼きは一般的には漬けダレに浸して魚焼きグリル等で火を通していきますが、冷めると身がパサついてしまうことが多々あるので、冷めても身がふっくらしているやり方をレクチャーしました。

その時の調理工程で、結構洗い物が出てしまうので、そうならないようなやり方もレクチャーしました。 

田作りは、フライパンや鍋で炒ったり、レンジにかけて乾煎りしたようにする人もいらっしゃいますが、臭いがついたり、熱が足りないか火にかけすぎているかということがないように、サッと素揚げにしました。 

香ばしく、サクサクとした歯触り。

お家ではお子さんは田作りをあまり食べてくれないとおっしゃってましたが、サクサクしてスナック感覚だから、これなら食べてくれそうと生徒さんからもご好評い頂きました。 

筑前煮は、これも時短方法で切った野菜と下味をつけた鶏肉を、耐熱容器に入れ、レンジで予備加熱をし、合わせ調味料を加えて混ぜ合わせ、それからまたレンジで本加熱しました。

野菜は煮汁が濁らないよう、特に滑りが出やすい里芋の下処理をある方法でレクチャーした為、煮崩れなしで煮汁も濁りなく仕上げることができました。 

締めは栗入りの笹巻ききんとん。

 笹は殺菌効果があるし、なんといっても重箱や器を汚しやすい食べ物なので、笹でアイスのコーンのような形に折り、中に入れてみました。

 器はもちろん汚れないし、これを食べる頃は、器も少なくなっているので、笹を器代わりのように手で持つことも可能です。 一応オプションで、余った出し汁を使って簡単なお吸い物を作りました。 

あと2品作りたかったのですが、時間に余裕がなくなるので、レシピのみで今回割愛させて頂きました。

 毎年、仕事上のおつきあいで、おせちは外注していると、参加されていた生徒さんは仰っていましたが、結局好きなものはあんまり入っていないし、あまり好みの味付けではなかったりするので残ってしょうがないと生徒さんはおっしゃっていらっしゃいましたが、この時間で7品作れてしかも簡単、添加物も入っていないから安心して食べられるとのご感想を頂きました。 

おせちのレッスンをもって2018年のレッスンは終了しました。 

今年は母の入退院やそれにともなって過労や持病で体調不良をおこすこともありましたが、なんとか持ち直すことができ、夏には3年ぶりにパナソニックさんのお仕事をさせて頂いたり、メディアのお仕事や味噌作りのワークショップも満席になるほどご参加頂きました。 

来年も料理を楽しんで頂けるように健康に留意しながら頑張りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1812_221634272334x959x960_b.jpg
温ったか欧風メニューレッスンBレポート https://connect.place/athomestyle/TP.html Sun, 02 Dec 2018 11:58:28 +0900 11/25(日)は、温ったか欧風メニューレッスンBを行いました。

 前回はビーフ、今回はチキンをメインにしたメニューです。

 チキンブランケット/じゃがいものガレット/ベビースピナッチとモッツァレラチーズのサラダ/タルトタタン 以上の4品をレクチャーしました。 

チキンブランケットはフリカッセとかクリーム煮と言われるもの。

 下処理・下味をつけた鶏もも肉をこんがり焼いて、マッシュルーム・エリンギ・シメジ・玉ねぎ・すじなしインゲンをソテーし、白ワインで風味付けし、牛乳・生クリームで滑らかに仕上げています。

 ワンポットでできる、ちょっとリッチな味わいのチキンメニューです。

トッピングには、ピンクペッパーを散らし、口の中で弾けると華やかな風味が広がります。

 パンを合わせようかなと思いましたが、最近・シチューとご飯を合わせたものが市販のルーで販売されているので、今回はサフランライスと合わせてみました。

 サイドメニューのじゃがいものガレットは、フライパンで平たく成型してこんがり焼くのが一般的ですが、今回は6個取りのマフィン型に押し付けてオーブンでこんがり焼きました。

 じゃがいもは、切ったあとに水にさらして余分なでんぷんを落としますが、これに関してはこのでんぷんがじゃがいも同士を結着させる要素になるので、水にさらさず千切りにしたら他の材料と混ぜ合わせ型に入れて成型します。

 以前、うっかり型に油をひくのを忘れて、一部がこびりつき型から抜き取れなかったことを踏まえて、型にはうっすら刷毛で油を塗り、その上に帯状にカットしたクッキングシートをセットしてその上に生地を入れたので、焼き上がったらそのクッキングシートを引っ張るだけで、スポッとガレットが外せます。 

もう一つのサイドメニューは、ベビースピナッチ(ホウレン草のベビーリーフ)と、モッツァレラチーズのサラダは、モッツァレラチーズを包丁を使わず指先で割いて盛り付けるのがポイント。 

包丁で綺麗にカットするより指先で割くことでモッツァレラチーズのミルク感が、より感じられます。

 合わせるドレッシングは塩気をアンチョビペーストのみにし、レモン果汁の酸味と、青々しく、ほんの少し辛味を感じるエキストラバージンオリーブオイルを使い、ブラックオリーブやケイパーを食感と風味づけに使ってさっぱりとした味わに仕上げました。

 さて、今回もデザートはタルトタタン。

 前回は生徒さん銘々に作って頂いて、それをお持ち帰り頂きご自宅で召し上がって頂く形になったので、今回は食後に味わって頂きたく、事前に食後用で1ホール作ったものを召し上がって頂きました。 

お腹いっぱいになっていらっしゃったら、あまり入らないかなぁ・・・と、思いつつ1ピースカットして生徒さんをお配りすると、甘酸っぱいタルトタタンを気に入って頂き、『おかわりしてもいいですか?』と、リクエストを頂くほど好評を得ました。

 もちろん、今回も銘々にラムカン1個ずつで作って頂いたので、お持ち帰りもして頂いています。

 今年は猛暑続きだった時期が強烈に印象に残っていたし、12月に入っても日中は穏やかな陽気だったりと、本当に年末なんだろうか思ってしまうくらいです。

 クリスマス・お正月と人と集うのが多い機会が増えますね。

そして、インフルエンザなどにかかりやすい時期でもあります。

 いつでも楽しい時間を気のおけない仲間と過ごすためにも、しっかりパランス良く栄養を摂って、繁忙期を乗り越えて良い年を迎えたいですね。

  今年は素材選びから自作したスワッグをスタジオの玄関ドアに飾って、参加者をお迎え致します。 12月のレッスンはまだ受け付け中です。

年の瀬の忙しい時期ですが、ご都合合いましたらご参加お待ちしております。

]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1812_021158283753x959x960_b.jpg
温ったか欧風メニューレッスンAレポート https://connect.place/athomestyle/sP.html Thu, 29 Nov 2018 18:44:46 +0900  11/23勤労感謝の日、温ったか欧風メニュー(A)を行いました。

 この日のメニューはブッフ・ブルギニョン、プルアパートブレッド、白菜とりんごのコールスロー、タルトタタンをレクチャーしました。

 牛スネ肉は塊で購入していたので、余分な硬い脂や筋を取り除き、ソコソコ厚みをもってカットしましたが、加熱すれば半分近く縮んでしまいます^^;;

市販のルーではなく、玉ねぎ・人参・セロリをみじん切りして炒めたミルポワをベースに、カットトマトや赤ワイン、フォンド・ヴォー、デミグラスソースなどを使い、トロッとした濃厚ソースではなく比較的サラッとした感じ。

 個人的に残ったソースを二次使用でミートソースを作りましたが、なかなかのお味でした。 

野菜は一緒に煮込まず、色や食感を損なわないように人参・じゃがいも・エリンギ・ブロッコリーをエチュベという蒸し炒めをして盛り付けました。

 最後は生クリームをあしらって完成。

 温かいうちに召し上がって頂きたく、慌てて写真を撮ろうとしましたが、湯気でレンズが曇ってなかなかちゃんと撮れず四苦八苦しました^^;;

 サイドメニューのひとつはプルアパートブレッド。

 あまり聞きなれませんが、いわゆる“ちぎりパン”です。

 ソフトカンパーニュに切れ込みをいれて、粒マスタードとマヨネーズのソースを隙間に塗り込み、ちぎったバジルや刻んだ生ハムを挟み込みとろけるチーズをトッピングしてこんがりグリルした即席惣菜パン。

 これからのシーズン、サンドウィッチでは冷たいから、こんがり香ばしくて温かいパンの方がニーズがあるかも。

 もうひとつのサイドメニューはサッパリ味のコールスロー。

 通常キャベツが使われますが、これからの季節は霜が降りて甘みが出る白菜と冬だからこそ美味しい旬の果物りんごを使ってシャキシャキの歯触りのコールスローにしました。

 欧風と言っておきながら、ドレッシングはマヨネーズに柚子果汁と柚子の皮を使った和風のドレッシングです。

 料理自体がコールスローなので、欧風のくくりにしてますが・・・^^;;; 

さて、スイーツのタルトタタンですが、各人1個を作る形にしていて、ココット皿を使って銘々やって頂きましたが、最終段階のひっくり返して盛り付けるには、熱がなかなかとれなかった為、お家に戻られて冷やしてからひっくり返して召し上がってくださいとお持ち帰り頂きました。

  アップルカッターで芯を抜き取り8当分にするのは簡単でしたが、皮を剥くのは手作業。

生徒さんとこぞって黙々と皮剥きに専念しました。

 りんごを煮詰めるソースにグラニュー糖や上白糖を使うのが一般的ですが、コクのある甘みを付けたり飴色にしたくて、フランスのきび砂糖のカソナードとグラニュー糖を半々で使ってみました。

 りんごも煮崩れしにくく酸味が効いた紅玉を使っています。

この品種は市場に出回るのは年内が殆ど。

 リクエストが多いので、当料理教室では11月限定でレクチャーしています。

 生徒さんもお腹いっぱいで満足して頂けました。

 次は25日に行った欧風メニューレッスンBをレポートします。 ]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1811_291844467142x959x960_b.jpg
12月レッスンのご案内 https://connect.place/athomestyle/IP.html Wed, 21 Nov 2018 22:33:16 +0900 【A】Xmasメニューレッスン 
*レッスンメニュー*
☆ローストビーフ
☆きのこのスープ  パイ包み
☆Xmasリースサラダ
☆モカロールのブッシュドノエル 
★レッスン日:2018年12月9日(日)10:30〜
★募 集 人 数 :4名(MAX6名)
★レッスン料:4,000円
(サービスチケットをお持ちの方は3,500円)
★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル
  
【B】取分けおもてなしメニューレッスン
*レッスンメニュー*
☆豚ロース肉の塩釜焼き
☆魚介のパエリア
☆マグロの胡麻カツサラダ
☆ティラミス 
★レッスン日:2018年12月16日(日)10:30〜
★募 集 人 数 :4名(MAX6名)
★レッスン料:4,000円
(サービスチケットをお持ちの方は3,500円)
★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル   

【C】Basicおせちメニューレッスン 
*レッスンメニュー*
☆鰤の照り焼き 
☆筑前煮 
☆紅白なます 
☆胡桃入り田作り 
☆伊達巻き 
☆のし鶏 
☆笹巻き きんとん     
★レッスン日:2018年12月19日(水)10:30〜
★募 集 人 数 :4名
★レッスン料:4,000円
(サービスチケットをお持ちの方は3,500円)
★準 備 物:エプロン・お手拭き用タオル

 お申し込みは下記フォームをご利用下さい。 


 2017年6月より開始した『Lesson Service ticket』。
通常レッスン料よりお得に受講できるということでコンスタントに続けられる方には大変ご好評いただいております。
このサービスチケット以外に、新規の方は次回ご利用頂ける割引クーポン1枚と、お友達をご紹介頂いた既受講者の方にも割引クーポン1枚(サービスチケットとの併用と、新規紹介者がキャンセルの場合にはご使用不可。)をプレゼント致します。  
]]>
Cooking studio at home style https://connect.place/cac/r2/i1/21478_athomestyle1811_212233167331x959x960_b.jpg