中国茶サロン「香茶堂」中国茶×コミュニケーションで頭と心をしなやかに
 
ここに行く
 
詳細をみる

人はどんな時にお茶を飲むのでしょうか? そして、誰とお茶を飲むのでしょうか?
茶は世界一消費されて、かつ世界最古の嗜好品であると言われています。中国茶は、全てのお茶のルーツであると言われています。

中国茶サロン「香茶堂」は、中国茶講師歴10年の日本人茶芸師が運営しています。はじめての方から専門的な学びをしたい方まで、おひとりずつのレベルに合わせて指導します。

〔はじめての方には体験講座〕
https://connect.place/siyong/b.html

〔~じっくり学ぶ~ 茶芸講座〕
https://connect.place/siyong/d.html

名称中国茶サロン「香茶堂」
運営会社パレットプランニング
代表者糸永 佳代
所在地〒861-1115
熊本県合志市豊岡 1900-178
TEL096-288-2679
OPEN/CLOSE10:00〜18:00(月~土)ご予約後お越し下さい
日祝日はお休みです。
Facebookhttps://www.facebook.com/itonaga.kayo
ホームページhttps://connect.place/siyong/
RSS当サイト
RSS仕事仲間

Info

お酒を沢山飲むシーズンにはお茶が欠かせません♪

2017年12月26日(火) 15:08

先日、「第六回熊本つないでマラソン大会」に参加してきました。(https://www.facebook.com/events/2000698726816684) 

このイベントは私の友人が主催しているイベントで、数名ずつのチームに分かれて42.195kmを駅伝のようにつないで走る、というものです。 駅伝だったらタスキをつなぎますが、このイベントでは「何か」を繋いで走ります。 そして、イベントの目的は走ること…ではなく、ピクニック。 昨年に続き2度目の参加でしたが、めっちゃ楽しかった。

もっと楽しいのは終わった後の打ち上げで、今年は差し入れにお茶を持参。 焼酎を飲む人たちのために、「本物の」烏龍茶を使ったウーロンハイを味わって頂きましたよ~。

日本にお茶の栽培を根付かせたのは、鎌倉時代の僧侶、栄西と言われています。この栄西が、時の鎌倉将軍 源実朝のヒドイ二日酔いをお茶で治したという言い伝えもあるほど、お茶は悪酔い・二日酔い防止に効果的と言われています。

お店などで出されるウーロンハイの材料で使われる烏龍茶は、ペットボトルのものが大半でしょう(もしくは業務用の濃縮タイプ)。 これらの原料となる茶葉は閩北烏龍茶でしょうから、武夷岩茶でも美味しいウーロンハイになるはず。 ですが、皆さんの酒量が検討つかなかった(爆)ため、今回はリーズナブルで香りも良い四季春をチョイス。 

四季春で作ったウーロンハイを飲んだ皆さんの満足度も高く、きっと美味しいお酒になったに違いありません(﹡´◡`﹡ ) 。  今年も1週間を切りましたが、追い込みの忘年会、お正月、新年会と、お酒を沢山飲むシーズンはまだまだ続きます。 濃く淹れた温かいお茶で(日本茶でもOKですよ~)、悪酔いを防いで、楽しいお酒を召し上がってくださいね。

 
COUPON
まで!
[ ご利用上の注意 ]
    中国茶サロン「香茶堂」
    発行元情報友だちに贈る
     
    https://connect.place/siyong©  中国茶サロン「香茶堂」
    CONNECT CARD