中国茶サロン「香茶堂」中国茶×コミュニケーションで頭と心をしなやかに
 
ここに行く
 
詳細をみる

人はどんな時にお茶を飲むのでしょうか? そして、誰とお茶を飲むのでしょうか?
茶は世界一消費されて、かつ世界最古の嗜好品であると言われています。中国茶は、全てのお茶のルーツであると言われています。

中国茶サロン「香茶堂」は、中国茶講師歴10年の日本人茶芸師が運営しています。はじめての方から専門的な学びをしたい方まで、おひとりずつのレベルに合わせて指導します。

〔はじめての方には体験講座〕
https://connect.place/siyong/b.html

〔~じっくり学ぶ~ 茶芸講座〕
https://connect.place/siyong/d.html

名称中国茶サロン「香茶堂」
運営会社パレットプランニング
代表者糸永 佳代
所在地〒861-1115
熊本県合志市豊岡 1900-178
TEL096-288-2679
OPEN/CLOSE10:00〜18:00(月~土)ご予約後お越し下さい
日祝日はお休みです。
Facebookhttps://www.facebook.com/itonaga.kayo
ホームページhttps://connect.place/siyong/
RSS当サイト
RSS仕事仲間

Info

冷茶の季節がやってまいりました。

2017年06月02日(金) 10:36

毎年夏になると、暑い中お越しくださる方のために冷茶を用意します。
茉莉龍珠とか武夷岩茶とか鉄観音を抽出した冷茶なので、茶葉の始末が出来るだけ楽なものの方が理想的。
この5年くらいは、そのシーズンにパッと目に留まったものを使い倒して、次のシーズンには新しいものを...、という繰り返しです。

今年はコレにしました。

https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8995167?krypto=pnnu%2Ff4oRFq0KUZxynGtzo444mHFrLFQDH7U8VYBPcc2pfuUGfHsIfvr5E3mHSq%2BeCGBsK0R1LSZJq%2FcDiioQA%3D%3D

いくらリーフティーと言っても、細かい茶葉のくずは出ますし、口に入ると結構な違和感が出ます。 せっかく茶葉には拘ってますので、お客様には熱かろうが冷たかろうが美味しく飲んで頂きたい。 更に茶殻の始末が楽なものを!
しかもお財布にやさしいお値段で!!

という(メンドクサイ)願いを叶えてくれました。

買ってきたその日から大活躍です。 茶葉を中の容器に入れてセットして、水を注いで待つだけなので楽ー(笑)。 リンク先のポットでしたら、中国茶の場合、キュッと丸くなったもの、嵩の大きなもの問わず、おおよそカレースプーン1杯程度でOK。

お土産にもらった中国茶、飲み方がワカラナイ! そんな方は、夏は「水出し中国茶」、オススメですよ♪ ただし新鮮な茶葉に限りますのであしからず。

 
COUPON
まで!
[ ご利用上の注意 ]
    中国茶サロン「香茶堂」
    発行元情報友だちに贈る
     
    https://connect.place/siyong©  中国茶サロン「香茶堂」
    CONNECT CARD