プッシュ通知 - OEM - みんなのお知らせ個人の方でも安心の低価格!プッシュ通知サービスをOEMで提供します。
 
ここに行く
 
詳細をみる

ホームページ制作会社様向けにOEMでのご提供を低コストで行なっています。ご導入後は独自のブランド及びサービスとしてご利用頂き、製作されるホームページの強力な差別化ツールとして活用いただけます。 御社サービスの「プラン」「カテゴリ」、配信数の条件なども含めて独自で設定ただきお客様への料金などをご決定ください。
また、制作会社様以外への提供は弊社では行なっていないため、ご要望のお客様がいらっしゃる場合は複数のご契約も可能です。

名称プッシュ通知 - OEM - みんなのお知らせ
URLhttps://news.pcp.help/
提供株式会社ななせ
ホームページhttps://www.nanase.co.jp/
所在地〒862-0913
熊本県熊本市東区尾ノ上2-5-6
TEL096-386-0881
RSS当サイト
RSS仕事仲間

Info

プッシュ通知できるホームページが大人気です【かんたんに通知ができます】お持ちのホームページを訪れたお客様に、自動的に通知の許可をいただきます。お知らせが更新されるとその内容をお客様の手元までプッシュ通知でお届けします。【すべてのお客様にお届けします】対応しているブラウザやiPhone共有アプリ・LINEアプリにプッシュ通知でお届けしています。情報を望んでいらっしゃるお客様のパソコンやスマートフォンにきちんとお届けできるサービスです。▼こちらをご覧くださいhttps://news.pcp.help/
2017年11月24日(金) 10:36
キャンペーン中
ホームページが生まれ変わりますいままで通り、いつものように記事を書くだけで手間が増えることはありません。ホームページに表示されるだけの情報が、自動的にお客様の手元に届くようになります。望まれているお客様に、きちんと情報をお届けできるホームページに生まれ変わります。また、情報をプッシュ通知すると同時に、その内容をFacebookやTwitterなどに自動投稿することができます。その投稿された記事が拡散され、購読者(通知先)が増加し集客につながっていきます。【みんなのお知らせ】https://news.pcp.help/
2017年11月25日(土) 12:27
プッシュ通知サービスをOEMにて提供ホームページ制作会社様向けにOEMでのご提供を低コストで行なっています。ご導入後は独自のブランド及びサービスとしてご利用頂き、製作されるホームページの強力な差別化ツールとして活用いただけます。御社サービスの「プラン」「カテゴリ」、配信数の条件なども含めて独自で設定ただきお客様への料金などをご決定ください。また、制作会社様以外への提供は弊社では行なっていないため、ご要望のお客様がいらっしゃる場合は複数のご契約も可能です。▼こちらをご覧くださいhttps://news.pcp.help/
2017年11月24日(金) 10:45
プッシュ通知の「14日間無料お試し」「プッシュ通知サービスのOEM」としてご提供するものと同じデモサイトとなります。ご自由にお試しください。※プッシュ通知サービス運営者としての管理画面はご覧いただけません▼14日間無料お試しはこちらhttps://push.pcp.help/※「ご利用はこちら」から登録できます※パソコン・スマートフォンでご利用ください
2017年11月24日(金) 10:55
無料お試し
LINE通知のお試し【すべてのお客様にお届けします】対応しているブラウザやiPhone共有アプリ・LINEアプリにプッシュ通知でお届けしています。情報を望んでいらっしゃるお客様のパソコンやスマートフォンにきちんとお届けできるサービスです。プッシュ通知に対応していないブラウザなどがあるため、その対応としてLINEにも通知する機能を装備しています。また、LINE外部連携機能として、カテゴリごとの通知や通知許可の際にパスワードを求めたりすることも可能な機能がございます。▼LINE通知はデモはこちらhttps://oems.connect.place/api/line/
2017年11月24日(金) 11:01
既存客の集客とMYページある方から「既存のお客様の大切さ」を教わりました。その方は「ホームページ」や「ブログ」などで、お客様に情報発信していらっしゃいました。力を入れているのは「既存のお客様にキチンと伝えること」だそうです。ホームページでは伝えたい情報を掲載してはいるものの、それだけでは既存のお客様には届きません。その方は、届けるための仕組みを自ら探されて「プッシュ通知」を活用されるようになりました。既存客への通知を行うことで売り上げを伸ばされていますが、そのポイントが「既存客」ということです。わかりやすいのは、2:8の法則です。上位2割のお客様が売上の8割を占めているというものです。ほとんどの場合はこの法則が当てはまるそうです。こうなると、やらなきゃいけないことが明確で「既存客にキチンと情報を伝えているか?」が、とても大切になってきます。新規客の集客だけに目を向けすぎると悪循環となり、コストと労力をかけた分しか売り上げは上がらないそうです。ホームページも新規客と既存客を意識して運用する必要があるのかと思います。当サービスには「MYページ」が自動生成されますが、伝えたい情報を通知することに特化したページです。身近なお客様に配布しやすいようにシンプルな作りになっています。URLをQRコードにして現場の既存客に配ったり、SNSなどにシェアしやすくなっているので活用されてみてはいかがでしょうか。▼添付画像のMYページhttps://loiseaubleu.pcp.help/
2017年12月13日(水) 11:22
ユーザー管理画面(OEMサービス)プッシュ通知を利用されているお客様のサポートなどを行うために、ユーザー管理画面が用意されています。お客様の「プラン変更」や「ステイタス変更」などが行え、お客様に代わって設定も簡単に行えますのでサポートもスムースです。「お試しのお客様」も同じ画面に表示されます。登録のメールアドレスでやり取りをしながら利用期限の延長などと合わせて「ご利用を提案」されてはいかがでしょうか。通知のための専用タグをホームページに貼り付ける場合は、お客様とのご相談が必要ですが、ホームページを同時にリニューアルしたいとのお話をいただいたケースも出てきています。当OEMサービスのご検討をよろしくお願いいたします。
2017年12月08日(金) 11:11
通知と同時にSNSに自動投稿いつものように、お知らせの記事を書くだけで通知を送ることができますが、それと同時にSNSに自動投稿ができるようになります。Facebook/Twetter/Mixiへの記事投稿を通知のタイミングで自動的に行います。設定は簡単で、一度「連携」ボタンから許可しておくと次回から自動投稿されます。SNSに記事がシェアされるとそのリンクからホームページに誘導されるわけですが、そのホームページではアクセスがあると自動で「通知許可」を閲覧者に促します。お知らせ記事を書くと同時に「通知」され、「シェア」され、「購読者」を集めることが可能です。この一連のサイクルを「いつものように書くだけ」で実行し、ホームページの集客へとつなげていきます。
2017年12月07日(木) 09:49
LINEアプリへの通知当サービスでは、ホームページに訪れたお客様に対して通知許可を促しますがデバイスやブラウザによって挙動が変わります。まず、ブラウザが「プッシュ通知」に対応しているかを判断し、対応していない場合は「iPhone」であるかを次に判断します。iPhoneであればAppleStoreの「みんなのお知らせ」共有アプリへ誘導することになります。パソコンやAndroidでプッシュ通知に対応していないブラウザの場合は、ほぼ全てに対応できるように「LINEアプリ」への通知許可を促します。このようにLINE通知は優先順位は低くなりますが、LINE通知の場合は指定のURLにアクセスするだけでお客様の通知許可を得ることも可能です。※外部システムとの連携でカテゴリごとに通知許可を得ることも可能ですこれを利用すれば効果的な集客も可能になってきます。▼LINE通知を試してみるhttps://www.nanase.co.jp/sample/
2017年12月04日(月) 09:56
「通知許可」ボタンを編集してみるホームページに専用のタグを組み込んだら、「通知許可」を行うボタンが表示されるようになります。これはホームページを訪問したお客様に通知を許可していただくためのもので、お客様をこのボタンに誘導したり、許可した場合の動作は自動的におこなわれます。表示されるこのボタンは、ホームページのテーマカラーにあわせたり邪魔にならないよう表示場所をかえるなどの編集が可能でとても簡単です。また、通知時に使用されるアイコンもホームページのロゴに合わせた方がいいでしょう。動画では編集するイメージがご覧いただけます。
2017年12月01日(金) 10:31
ホームページに通知機能を組み込むホームページにいろんなお知らせが表示されています。これは記事を書けば自動的に表示されて便利なのですが、お客様にはホームページを訪問しないとその情報に気づきません。集客では固定客づくりが大事ですが、気にしてくれるお客様がホームページを訪問しても更新されていないでいるとそのうちお客様の足が遠のいてしまいます。お店でいうと、品切れが続けばお客様は「どうせあの店は品切れだ」と足を向けなくなります。そこで、お店からは「〇〇が入荷しました!」などのチラシを撒いたりして固定客づくりを行っているようです。ホームページも同様、情報が欲しいお客様にキチンとお知らせできるような工夫が必要ではないでしょうか。情報が欲しいお客様もそうでないお客様もどちらも同様、「ホームページで確認してください」という時代から「ホームページからPC・スマホにお知らせします」の時代に変わってきているようです。▼ホームページの通知機能※組込み例は下記のURLhttps://www.nanase.co.jp/
2017年11月30日(木) 11:34
管理画面へのログイン方法まず、ご自身の登録されているプッシュ通知サービスのサイトにアクセスします。このデモの場合は下記のURLになります。https://push.pcp.help/次に、登録されたメールアドレスを入力し送信します。ログインURLがメールで届きますので、内容に記載されているログインのリンクにアクセスします。※メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認くださいこれでユーザー管理画面へのログインは完了です。この記事の動画では、プッシュ通知のテストが収録されています。通知には、通知対象が必要なので自分で通知許可するテストと実際の通知を手動で行っています。もちろん何も気にせず自動で通知することも可能です。この記事では、ログインとかんたんな通知確認を行ってみました。これから順次、いろんな操作を動画や画像でご紹介して行きたいと思います。▼こちらもご覧くださいhttps://news.pcp.help/
2017年11月29日(水) 10:53
無料登録でお試しください当サービスは、プッシュ通知サービスのOEMとなります。ご導入の検討の際には、機能確認や他社サービスとの比較として「14日間お試し無料登録」をご活用ください。【登録はかんたん】メールアドレスとホームページURLのみでご利用いただけます。送信されるメールのURLからログインすれば、ユーザー管理画面が表示され操作が可能です。※OEMサービスの管理者画面はお試しいただけません【ご利用について】ユーザーとしてのお試しになりますので、全体の運用などについてのご質問などはお気軽にお問合せください。また、独自のサービスプランや料金事例なども合わせてご相談ください。▼14日間お試し無料登録https://push.pcp.help/
2017年11月28日(火) 10:19
プッシュ通知とはスマートフォンのアプリを利用していると、待ち受け画面にメッセージが着信音と共に表示されたりします。このように自分が情報を取りに行かなくても届くのが「プッシュ通知」です。アプリなどを継続して利用してもらうために効果的だと言われ、この通知を利用するユーザーは増加しています。最近、スマートフォンの「お店・会社の情報アプリ」というものが多く利用されていますが、「プッシュ通知機能」により集客には欠かせないリピーターを増加させているようです。伝えたい情報をホームページに掲載するだけではなく、情報が欲しいお客様にキチンと届ける事が集客につながるようです。実際に上手く活用し、売り上げを伸ばしているお店・会社が多く存在します。「集客アプリ」となるとホームページ同様、費用がかかり手間も増えてしまします。もともと情報をキチンと伝えるホームページとは別物になってしまうため力が分散してしまいます。しかし、プッシュ通知は現在アプリだけのものではなくブラウザでの利用も進んでいます。Chrome/Firefox/Safariなどが対応し、Androidではアプリがなくともブラウザによってプッシュ通知が届くようになっています。アプリのQRコードを現場で告知している光景をよく見かけますが、ホームページ自体のQRコードを告知し集客に結びつけることも可能になってきています。ホームページに大量のアクセスを運んでくるSEO対策が折り込みチラシとすれば「プッシュ通知」は登録のいらないダイレクトメールです。伝えたい情報をホームページに掲載すれば、自動的にその情報を求めるお客様にお届けできる。ぜひ、ホームページにプッシュ通知の機能を組み込んではいかがでしょうか。▼みんなのお知らせhttps://news.pcp.help/
2017年11月27日(月) 13:14
 
COUPON
まで!
[ ご利用上の注意 ]
    プッシュ通知 - OEM - みんなのお知らせ
    発行元情報友だちに贈る
     
    https://connect.place/minna©  プッシュ通知 - OEM - みんなのお知らせ
    CONNECT CARD